LNFでは下記の通り、人身取引をテーマとする中級ゼミを開催します。
法務省、IOM、移住連、弁護団等、最前線で人身取引被害に取り組む方々を講師としてお迎えしています。
ぜひご参加ください。

なお、今回の開催場所は、人権ライブラリーですので、お間違えのないようにご留意ください。

~~LNF中級ゼミ「人身取引の被害者認定と弁護士による司法的救済」のお知らせ~~

■日時:7月28日(金) 15:30~19:00
*交渉中の講師の参加可否によって開始時間変更の可能性があります。

■会場:人権ライブラリー 多目的スペース
    (〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F)

■費用:無料(非会員は1000円。なお、非会員で各年度の4月1 日時点で法曹資格取得から2年以上経過していない方は無料。)

テーマ:「人身取引の被害者認定と弁護士による司法的救済」
◆人身取引(人身売買)とは?
◆被害者はどのように認定されるのか?
◆日本における被害者の実態:現場から
◆法的な問題とその解決への検討

本中級ゼミでは、人身取引の基礎、被害者の認定とともに啓蒙活動や被害者の帰国支援活動に限られない、人身取引被害者の司法救済における弁護士の役割を考えます。ゼミは、2部構成とし、まず第一部で、人身取引とは何かを国際人権法をご専門とされる大谷弁護士の導入講義から学び、次に、法務省入国管理局の白寄氏から人身取引被害者の認定についてお話いただくとともに、被害者の自主的帰国・社会復帰支援等を行う国際移住機関(IOM)駐日事務所の清谷氏に、人身取引対策におけるIOMの役割について講義いただきます。続いて、第2部では、移住連の山岸氏に、NGOの立場から人身取引被害者への関わりや被害の状況についてお話いただいた上で、賃金請求・損害賠償請求などの民事請求の経験・実績のある、外国人実習生問題弁護士連絡会の高井信也弁護士に、被害者が本国に帰国した場合や証拠等に困難がある場合の民事請求における問題点・課題等を説明いただきます。そして、実際に人身取引と認定された事件の被害者の事件を複数担当してきている人身取引被害者弁護団の皆川涼子弁護士に、弁護士と人身取引事件の関わり、支援の類型、さらには人身取引被害者の救済(特に司法手続)における弁護士の役割の重要性を講義いただきます。

■講師:
・大谷 美紀子氏(弁護士・LNF共同代表)
・白寄  禎 氏(法務省入国管理局審判課補佐官) 
・清谷 典子 氏(IOM駐日事務所プログラム・マネージャー)
・山岸 素子 氏(移住者と連帯する全国ネットワーク事務局長)
・尾家康介氏、樋川雅一氏(弁護士・外国人技能実習生問題弁護士連絡会)
・皆川 涼子 氏(弁護士・人身取引被害者弁護団事務局長)

(第1部)15:30~16:45
●開会挨拶・企画趣旨説明
●大谷美紀子弁護士  「人身取引とは?」 
●法務省入国管理局  「人身取引被害者の認定」
●国際移住機関(IOM) 「人身取引対策におけるIOMの役割と被害者支援」
●質疑応答及びディスカッション

(第2部)17:00~18:45
●移住者と連帯する全国ネットワーク 「NGOによる人身取引被害者支援」
●外国人実習生問題弁護士連絡会 
  「実習生事件における民事請求~人身取引被害者(労働搾取)からの民事請求への示唆」
●人身取引被害者弁護団 
  「人身取引被害者の支援類型及び人身取引被害者(性的搾取)からの民事請求」

*ゼミ終了後に懇親会を開催いたします。是非ご参加ください。

申込方法:LNFinfo2009@gmail.com までご連絡ください。

 ・件名 「人身取引の被害者認定と弁護士による司法的救済」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無
を記載してお送りください。


~~外国人ローヤリングネットワーク(LNF)会費について~~

各年度の4月1日時点で法曹資格取得から満2年以上経過していない会員は無料、満2年以上経過した会員は 年額5000円です。

また、別途、賛助金も1口5000円にて受け付けています。
活動の充実のため、何卒、ご協力をよろしくお願いいたします。

(会費・賛助金の振込口座:三井住友銀行麹町支店 普通8954372 LNF事務局長弁護士 伊藤崇)


主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/


LNF第83回ゼミ「入国・在留手続」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2017年7月11日(火)18時30分~20時30分
■場所:日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)
     東京都千代田区日比谷公園1-4
     (地下鉄「霞が関」駅 B2又はC4出口、「内幸町」駅A7出口徒歩3分)
■参加費:無料(非会員は1000円)
     ※非会員で各年度の4月1日時点で法曹資格取得から2年以上経過していない方は無料
■参加対象:弁護士(LNF会員以外も参加可能です。)
■講師:金秀玄弁護士(東京弁護士会)
■内容:
 外国人からの相談で多いものの1つが,入国・在留関係についての相談です。本ゼミでは,在留資格の取得や変更,在留期間の更新等について,基礎的な知識を確認した上で,弁護士の代理人活動としてどのようなことをしたらいいのか,複数の典型的な事例に沿って具体的に検討していただきます。入管事件の経験が豊富な金秀玄先生から,この分野におけるコツや考え方をお伝えいただきたいと思います。
 なお,入管関係事件のうち退去強制手続・在留特別許可については,第81回のゼミ(近日中にLNFの会員用ウェブサイトから視聴可)で取り扱っています。

 なお、ゼミ後に懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。

■申込方法:
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
 ・件名 「入国・在留手続」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無

を記載してお送りください。

■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/


2009年5月に設立された外国人ローヤリングネットワークも間もなく丸8年を迎え、今では全国各地から
1700名を超える会員が参加する大規模なネットワークになりました。
第9回総会開催に合わせ、以下の要領で記念シンポジウムを実施いたします。皆様ふるってご参加ください。

■日時:2017年5月26日(金)18:30~ (受付開始 18:10)
■場所:弁護士会館17階 1701室
■共催:日本弁護士連合会
■参加費:無料

「外国人労働者100万人の実像~ビジョンなき受入れと日本社会の未来~」

●基調講演:丹野清人氏(首都大学東京・都市教養学部教授)
●討論  :出井康博氏(ジャーナリスト)
      指宿昭一氏(弁護士、日弁連人権擁護委員会外国人労働問題PT委員、
            実習生問題弁護士連絡会共同代表、外国人労働者弁護団代表)
      半田バネッサ氏(在日ブラジル総領事館労働相談スタッフ)
●司会進行:小田川綾音(弁護士・LNF事務局次長)
      髙井信也(弁護士・日弁連人権擁護委員会外国人労働問題PT委員)
  
■内容:
 外国人の受入れについて、日本政府がいわゆる単純(非熟練)労働者は受け入れないとの建前を取り、「移民政策は取らない」との方針を堅持する中、実際には、技能実習生や留学生、日系南米人など単純労働者の受入れが進んでいます。
このように、建前と現実が乖離する形で、既に多くの外国人労働者が日本において日本社会の一部となり、厚生労働省の統計においてもその数は100万人を突破するに至っています。つぎはぎだらけの現状を俯瞰的に見つつ、日本における外国人労働者の受け入れはどうあるべきか、弁護士はどのような役割を果たすべきかを検討します。

■申込方法:(LNF会員以外の方もご参加いただけます(弁護士に限りません))
 LNFinfo2009@gmail.com 宛メールでお申し込みください。(締切:5月19日)
 ・件名 「5月26日シンポジウム」
 ・本文に以下を記載してお送りください。
  ①お名前
  ②修習期
  ③弁護士会
  ④テレビ会議参加の有無(※)

※弁護士はテレビ会議でも参加できます。
テレビ会議参加ご希望の方は、5月19日(金)必着でお申し込みください。

■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/


LNF第81回ゼミ「難民事件(入門)」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2017年4月10日(月)18時30分~20時30分
■場所:日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)
     東京都千代田区日比谷公園1-4
     (地下鉄「霞が関」駅 B2又はC4出口、「内幸町」駅A7出口徒歩3分)
■参加費:無料(非会員は1000円)
     ※非会員で各年度の4月1日時点で法曹資格取得から2年以上経過していない方は無料
■参加対象:弁護士(LNF会員以外も参加可能です。)
■講師:小尾尚子氏(UNHCR駐日事務所副代表(法務))、
    渡邉彰悟弁護士(全難連代表、第一東京弁護士会)、林純子弁護士(東京弁護士会)
■内容:
 昨今,シリア難民の受け入れをめぐるニュースがテレビ・新聞をにぎわせており,難民をめぐる問題は世界的に大きな関心事となっています。一方,日本は初めて難民認定申請者数が1万人を突破したものの、難民認定数は極めて少なく,難民とどう向き合うのかを真剣に考えなくてはなりません。
 今回のゼミでは,①UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)駐日事務所代表代行の小尾尚子氏をお招きし,世界における難民の実情と国際機関の意義についてお話しいただくとともに,②難民事件のパイオニアである渡邉彰悟弁護士、③昨年、登録1年目で難民認定を獲得された林純子先生をお招きして,難民事件の基礎知識についてご講義いただきます。また、④難民支援NGO、難民支援協会(JAR)より活動紹介等ご説明いただきます。

 なお、ゼミ後に懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。

■申込方法:
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
 ・件名 「難民事件(入門)」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無

を記載してお送りください。

■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/


LNF第80回ゼミ「外国人と刑事事件」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2017年3月23日(木)18時30分~20時30分
■場所:虎ノ門SQUARE 2階会議室
     東京都港区虎ノ門1-15-10 名和ビル2階
     (東京メトロ「虎ノ門」駅 徒歩3分、「霞が関」駅 徒歩5分)
■参加費:無料(非会員は1000円)
     ※非会員で各年度の4月1日時点で法曹資格取得から2年以上経過していない方は無料
■参加対象:弁護士(LNF会員以外も参加可能です。)
■講師:児玉晃一弁護士(東京弁護士会)、永里桂太郎弁護士(東京弁護士会)
■内容:
 刑事事件を担当したら被疑者・被告人が外国人だった、そんな時にはどのように弁護活動を進めていけば良いでしょうか。外国人刑事弁護では、通常の刑事事件で生じる問題の他に、異文化理解、通訳や供述調書の問題点、在留資格等の入管法上の問題等、さまざまなことを意識しながら活動を行っていく必要があります。本ゼミにおいては、外国人刑事事件の経験が豊富な児玉晃一弁護士と永里桂太郎弁護士から、外国人刑事弁護の初歩から応用までを分かりやすくお話いただきます。 
特に、今回のゼミでは、参加者の皆様に臨場感を持って頂けるように模擬接見を実施する予定でございます。必ず皆様の参考になるものと考えておりますので、奮ってご参加くださいませ。

■申込方法:
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
 ・件名 「外国人と刑事事件」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無

を記載してお送りください。

■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/