第112回ゼミ「外国人事件入門」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2020年2月19日(水)午後6時~午後8時
■場所:弁護士会館 1002 第二東京弁護士会 会議室
■参加費:会員は無料/LNF非会員の方には,当日受付で参加費1000円をお支払いいただきます。
■対象:会員、準会員
※LNF会員以外の弁護士、司法修習生も参加可能です。
※ロースクール生、大学生等で参加を希望される方は、お手数ですが、あらかじめ、その旨を事務局までご相談ください。
■講師:針ケ谷 健志 弁護士(東京弁護士会)
■内容:2019年4月施行の入管法改正による「特定技能」資格の新設や、東京オリンピックの開催に伴い、在留外国人や訪日外国人の数はさらに増大し、外国人が依頼者となる事件が今後ますます増えていくことが予想されます。
そこで、今回のゼミでは、外国人が依頼者である事件を多数経験し、外国人事件に造詣の深い針ヶ谷健志弁護士をお招きして、外国人事件の基本的知識と実務についてご講義いただきます。針ヶ谷弁護士は入管法改正にも精通しており、専門的な意見も聞ける絶好の機会です。新入会員の方も、ふるってご参加下さい。
*ゼミ終了後に懇親会を開催いたします。是非ご参加ください。72期の方は無料です。

 参加申込方法:
1. LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
・件名 「外国人事件入門」
・本文
①氏名
②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
③弁護士会
④弁護士登録番号
⑤(非会員の方は)入会希望の有無
⑥懇親会の参加希望の有無 
を記載してお送りください。
※準会員の方は、準会員である旨を明記の上、①、⑥のみご記入ください。

2.申し込みフォームリンク 
https://forms.gle/uMbvZu15rp1qY1LRA からお申込みください。

■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)
https://www.lnf.jp/


第111回ゼミ「渉外親子」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2020年1月10日(金)午後6時~午後8時
■場所:弁護士会館 東京弁護士会 会議室508
■参加費:会員は無料/LNF非会員の方には,当日受付で参加費1000円をお支払いいただきます。
■対象:会員、準会員
※LNF会員以外の弁護士、司法修習生も参加可能です。
※ロースクール生、大学生等で参加を希望される方は、お手数ですが、あらかじめ、その旨を事務局までご相談ください。
■講師:長谷川弥生 弁護士(東京弁護士会)
■内容:昨今の国際結婚の増加などにより、国籍の異なる両親から生まれた子どもに関して、親子関係の成立やその効果、あるいは国籍取得などについての法律相談がますます増えています。国際的な要素を含む渉外親子事件にきちんと対応するためには、準拠法、家族法のみならず、国籍取得手続、在留資格など、渉外親子事件特有の幅広い知識が必要となります。
今回のゼミでは、JFC(Japanese Filipino Children:日本人とフィリピン人の親を持つ子ども)の事案等の渉外親子事件を多く取り扱う長谷川弥生弁護士に渉外親子の基本的知識と実務についてご講義いただきます。その後、初めて事件を受ける上でのお悩みや現在取り扱っている事件の相談等を受け付けるゼミ形式の時間を設ける予定です。
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
・件名 「渉外親子」
・本文
①氏名
②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
③弁護士会
④弁護士登録番号
⑤(非会員の方は)入会希望の有無
⑥懇親会の参加希望の有無 
を記載してお送りください。
※準会員の方は、準会員である旨を明記の上、①、⑥のみご記入ください。
■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)
https://www.lnf.jp/


第110回ゼミ「渉外離婚の実務(初級編)」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2019年12月10日(火)午後6時30分~午後8時頃
■場所:日比谷図書文化館4階セミナールームA(日比谷公園内)
■参加費:無料
■対象:会員、準会員
※LNF会員以外の弁護士、司法修習生も参加可能です。
※ロースクール生、大学生等で参加を希望される方は、お手数ですが、あらかじめ、
その旨を事務局までご相談ください。
■講師:黒田 愛 弁護士(大阪弁護士会)
■内容:当事者の一方又は双方が外国籍である場合や、当事者の一方が外国に居住している場合の離婚は、通常の国内事案とは異なる検討が必要となります。準拠法の検討、国際裁判管轄の検討、離婚訴訟の場合の訴状の海外送達など、渉外離婚の相談を受けたり、ケースを担当した場合に、実務的な不安を感じられる会員も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、渉外離婚を扱われた経験が豊富な黒田愛弁護士(大阪弁護士会国際委員会委員等)に、「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」それぞれについて、渉外離婚の実務の注意点などをご講義いただきます。基礎的な事項からご講義いただく予定ですので、渉外離婚を扱った経験の少ない会員の皆様にも参考になることの多い講義となるでしょう。※ゼミ終了後に懇親会を開催いたします。是非ご参加ください。
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
・件名 「渉外離婚の実務(初級編)」
・本文
①氏名
②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
③弁護士会
④弁護士登録番号
⑤(非会員の方は)入会希望の有無
⑥懇親会の参加希望の有無 
を記載してお送りください。
※準会員の方は、準会員である旨を明記の上、①、⑥のみご記入ください。
■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)
https://www.lnf.jp/


LNF中級ゼミ「児童養護施設等で育つ外国にルーツのある子どもの在留資格・国籍の課題」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2019年11月29日(金)午後6時~午後8時
■場所:弁護士会館 10階 1002会議室 第二東京弁護士会会議室
■参加費:無料 LNF非会員の方には、当日受付で参加費1000円をお支払いいただきます。
■参加対象:LNF会員ほか共催関係者 ※LNF会員以外の方も参加可能です。
※ 会場の都合で、申込先着順で22名という形で受付をさせていただきます。
■報 告: 小田川綾音(第一東京弁護士会)
      山本竜也(三重県中勢児童相談所 家庭児童支援一課長)
      繁田進太朗(社会福祉法人名張厚生協会 名張養護学園施設長)
      頭師弘明(当事者/会社員)
 コメント:小豆澤史絵(神奈川県弁護士会)
■内容:児童養護施設等に育つ外国にルーツのある子どもたちは、在留資格や国籍に関する問題を抱えていることが多くあります。児童養護施設等で保護されている間は、日常生活は支障なく送れることも多いため、これらの問題が認識されない場合も少なくありません。しかしながら、これらの問題を未成年の間に解決することは、成年後の生活の安定やアイデンティティの保持にとって極めて重要です。このたび、児童相談所職員、児童養護施設職員、弁護士が連携して、児童養護施設で育った外国にルーツのある当事者の長く抱えていた国籍の課題(本国における未登録/「無国籍」状態から国籍確認へ)を解決するために協同して取り組み、日本国への帰化申請が受理されるに至った事例について、当事者、関係者の方々をお招きしてご報告をいただきます。
チームとして取り組むことの意義、当事者のためにできる支援体制の構築の在り方について考えます。
※ゼミ終了後に懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
 ・件名 「児童養護施設等で育つ外国にルーツのある子どもの在留資格・国籍の課題」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期など)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無
を記載してお送りください。(※非会員で参加ご希望の方も、上記を明記の上、お問い合わせください。)
■主催:社会福祉法人日本国際社会事業団(ISSJ)、無国籍研究会、外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)
https://www.lnf.jp/


LNF第108回ゼミ「国際人権上のヘイトスピーチ」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2019年11月11日(月)午後6時30分~午後8時頃
■場所:日比谷図書文化館4階 スタジオプラス(日比谷公園内)
■参加費:無料
■参加対象:会員、準会員
※ロースクール生、大学生等で参加を希望される方は、お手数ですが、あらかじめ、その旨を事務局までご相談ください。
■講師:師岡 康子 弁護士(東京弁護士会)
■内容:日本に在住する外国人が増加する一方で、国籍・民族が違う人々に対する差別的言論も増加しています。差別的言論の現れ方が、匿名・抽象的なものだけではなく、デモのように公然と集団的に行われようになった点も変化しています。今年6月には、川崎市で全国初となるヘイトスピーチに罰金を課す条例素案も公表され、差別と表現の自由の萎縮との関係も議論されています。
 そこで今回は、人種主義的動機に基づく犯罪や、差別を研究し、解消に取り組み、ヘイトスピーチを巡る裁判も多数手がけてこられた師岡康子弁護士(東京弁護士会外国人の権利に関する委員/『ヘイト・スピーチとは何か』岩波新書、2013年)をお迎えし、ヘイトスピーチとは何か、「ヘイトスピーチ」として差別的言論を捉えることの意義、国内でのヘイトスピーチの状況、ヘイトスピーチを巡る裁判、ヘイトスピーチ規制を巡る議論、教育現場への影響等についてお話を伺います。
※ゼミ終了後に懇親会を開催いたします。是非ご参加ください。
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
 ・件名 「国際人権上のヘイトスピーチ」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期など)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無
を記載してお送りください。(※非会員で参加ご希望の方も、上記を明記の上、お問い合わせください。)
■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)
https://www.lnf.jp/