LNF第89回ゼミ「外国人事件入門」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2018年2月16日(金)18時00分~20時00分
■場所:弁護士会館10階 1006AB(第二東京弁護士会会議室)
     東京都千代田区霞ヶ関1-1-3
■参加費:LNF会員は無料     
■参加対象:弁護士(※LNF非会員で参加ご希望の方は、下記メールアドレス宛お問い合わせください。)
■講師:小田川綾音弁護士(第一東京弁護士会)、高橋済弁護士(東京弁護士会)
■内容:
 2017年、日本を訪れた外国人は3000万人に迫ろうとし、国際交流が進んでいます。それに伴い外国人が依頼者となる事件が今後ますます増えていくことが予想されます。
 外国人が依頼者となる場合には何を注意する必要があるのか?在留資格とは何か?外国人の離婚事件において国際裁判管轄・準拠法はどこになるのか?退去強制手続きにおいて弁護士はどのように関わることができるのか?このように外国人が依頼者の事件では外国人事件特有の専門的知識が必要となってきます。
 今回のゼミでは、外国人が依頼者である事件を多数経験し、外国人事件に造詣の深い小田川綾音弁護士と高橋済弁護士をお招きして、外国人事件の基本的知識と実務についてご講義いただきます。

 ※ゼミ後に懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。

■申込方法:
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
 ・件名 「外国人事件入門」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無

を記載してお送りください。
(※非会員で参加ご希望の方も、上記を明記の上、お問い合わせください。)

■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/


LNF第88回ゼミ「外国人の労働事件」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2018年1月15日(月)18時30分~20時30分
■場所:日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)
     東京都千代田区日比谷公園1-4
     (地下鉄「霞が関」駅 B2又はC4出口、「内幸町」駅A7出口徒歩3分)
■参加費:無料(非会員は1000円)
     ※非会員で各年度の4月1日時点で法曹資格取得から2年以上経過していない方は無料
■参加対象:弁護士(LNF会員以外も参加可能です。)
■講師:髙井信也弁護士(第一東京弁護士会)、尾家康介弁護士(東京弁護士会)
■内容:
 コンビニ、レストラン、工場など、あらゆる労働の現場に外国人の姿が見られるようになったことに伴い、外国人からの労働事件の法律相談のニーズも増えてきています。また、今後は外国人労働者の受け入れが大きな政策課題となるなど、外国人労働者の問題は、外国人に関する分野の中でも最もホットな分野のひとつとなっています。
 そこで、今回のゼミでは、外国人の労働事件や技能実習生問題に熱心に取り組まれている髙井信也弁護士及び尾家康介弁護士より、労働事件の基本から外国人労働事件の相談・事件処理、さらには技能実習生問題等についてご講義いただきます。

 ※ゼミ後に懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。

■申込方法:
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
 ・件名 「外国人の労働事件」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無

を記載してお送りください。

■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/


LNF第87回ゼミ「行政訴訟~出入国管理関係訴訟を中心として~」を以下のとおり開催いたします。
皆様ふるってご参加ください。

■日時:2017年12月11日(月)18時30分~20時30分
■場所:日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)
     東京都千代田区日比谷公園1-4
     (地下鉄「霞が関」駅 B2又はC4出口、「内幸町」駅A7出口徒歩3分)
■参加費:無料(非会員は1000円)
     ※非会員で各年度の4月1日時点で法曹資格取得から2年以上経過していない方は無料
■参加対象:弁護士(LNF会員以外も参加可能です。)
■講師:難波 満 弁護士(東京弁護士会)
■内容:
 退去強制令書が発付された場合,難民と認められなかった場合,訴訟でどのように争うのか?どのような場合に訴訟を起こすべきなのか?このような,外国人を巡る行政訴訟は,いまや行政訴訟の主要な類型の一つとなっています。
 本ゼミにおいては,行政訴訟のうち,退去強制や難民など外国人特有のものに焦点を当て,その実務について学びます。特に,講師が実際に取り組まれ,勝訴を勝ち取った難民認定訴訟など,貴重な経験を踏まえた行政訴訟についての実践・課題についても講義していただきます。
 ※ゼミ後に懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。

■申込方法:
 参加申込方法: LNFinfo2009@gmail.com までご連絡下さい。
 ・件名 「行政訴訟」
 ・本文
  ①氏名
  ②会員/非会員の別(非会員の方は修習期)
  ③弁護士会
  ④弁護士登録番号
  ⑤(非会員の方は)入会希望の有無
  ⑥懇親会の参加希望の有無

を記載してお送りください。

■主催:外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/


2009年5月に設立された外国人ローヤリングネットワークも間もなく丸8年を迎え、今では全国各地から
1700名を超える会員が参加する大規模なネットワークになりました。
第9回総会開催に合わせ、以下の要領で記念シンポジウムを実施いたします。皆様ふるってご参加ください。

■日時:2017年5月26日(金)18:30~ (受付開始 18:10)
■場所:弁護士会館17階 1701室
■共催:日本弁護士連合会
■参加費:無料

「外国人労働者100万人の実像~ビジョンなき受入れと日本社会の未来~」

●基調講演:丹野清人氏(首都大学東京・都市教養学部教授)
●討論  :出井康博氏(ジャーナリスト)
      指宿昭一氏(弁護士、日弁連人権擁護委員会外国人労働問題PT委員、
            実習生問題弁護士連絡会共同代表、外国人労働者弁護団代表)
      半田バネッサ氏(在日ブラジル総領事館労働相談スタッフ)
●司会進行:小田川綾音(弁護士・LNF事務局次長)
      髙井信也(弁護士・日弁連人権擁護委員会外国人労働問題PT委員)
  
■内容:
 外国人の受入れについて、日本政府がいわゆる単純(非熟練)労働者は受け入れないとの建前を取り、「移民政策は取らない」との方針を堅持する中、実際には、技能実習生や留学生、日系南米人など単純労働者の受入れが進んでいます。
このように、建前と現実が乖離する形で、既に多くの外国人労働者が日本において日本社会の一部となり、厚生労働省の統計においてもその数は100万人を突破するに至っています。つぎはぎだらけの現状を俯瞰的に見つつ、日本における外国人労働者の受け入れはどうあるべきか、弁護士はどのような役割を果たすべきかを検討します。

■申込方法:(LNF会員以外の方もご参加いただけます(弁護士に限りません))
 LNFinfo2009@gmail.com 宛メールでお申し込みください。(締切:5月19日)
 ・件名 「5月26日シンポジウム」
 ・本文に以下を記載してお送りください。
  ①お名前
  ②修習期
  ③弁護士会
  ④テレビ会議参加の有無(※)

※弁護士はテレビ会議でも参加できます。
テレビ会議参加ご希望の方は、5月19日(金)必着でお申し込みください。

■お問い合わせ先:LNFinfo2009@gmail.com(LNF事務局)

https://www.lnf.jp/


この度、「使いやすさ」と「見やすさ」の向上を目指して、9月15日(木)ホームページのリニューアルを行いました。
会員サイトのログイン方法が変更されていますので、会員の方は「ホームページリニューアルに伴うログイン方​法の変更について」というタイトルの、事務局からのメールをご覧くださいますようお願いいたします。
ご不明な点がありましたら、lnfinfo2009@gmail.comまでご連絡ください。
今後も、更なる情報の充実、利便性向上のために改善を図ってまいります。
今後とも、LNFのホームページをよろしくお願いいたします。